2014/11/27

1700枚以上の写真から互いに選定し、二人で一致したもの。

大のお気に入り!

さて、これらの作品を、今後どのような形で皆さんにお見せしようか考え中。



photo : Shigeo Gomi

2014/11/10

わ、わたしの絵を描いてくだすった。。。

なんとPCのペンタブでグリグリ手描きだそうです!!

感激〜!!!!!

まこちゃんあざす!!!!!





2014/11/09

高校時代からの親友と久々に再会。

この日の彼は、なんだかとても威勢が良く、「なんでも好きなものたくさん頼みな!」と言ってくれたので、ありがたく大好物の牡蠣をたらふく食べ、二軒目のバーでは彼の勧めでウイスキーデビューを果たし、くだらない話から誰にでも簡単に話せないようなディープな話まで語らい、とても充実した時間を過ごさせてもらった。

帰り際、家まで送ってもらったのだが、私の家の前に着くと彼は、とても真剣な表情でこう言った。

「あのさ、ひとつ告白していい?」

そんな彼の様子を受けて私は、何を言われてもきちんと受け止めようという気持ちで、「なに?」と応えた。

すると、
「帰りのタクシー代がないから金貸してくれ」と言われ、
結局4000円キャッシュバックをし、今なんとも言えない気持ちで帰宅したところです。

2014/11/06

@strorobo フォトグラファー五味茂雄とのフォトセッション作品、その一部を少しずつ公開。

なんと、1700枚に及ぶショット!
その中から選定するのも至難の技。

今回のフォトセッションを一言で表すならば、
ものすごい自分の本質や原点が映り込んだ作品。

これらの写真をみていると、私は不思議と幼少期の景色を思い出す。

自分という個性、カラー、もともと持って生まれた感性。

そんなものが内側からジワジワと湧いてくる感じ。

小さい頃から、ひたすら一人で何かに没頭する子だった。
何時間も絵を描いたり、空を眺めたり。
静かなんだけど、内側はメラメラ燃えていて、激しいものを抱えてる。
そんな子だった。

あの感覚、この場所にチューニングを合わせ続けると、ただひたすら落ち着くし、軸が定まる。
そうか、そういうことだったんだ。

観る人によっては、「いつもと違う」と思うかもしれないし、または、「いつもの感じ」と思うかもしれない。
それがまた、おもしろいの。

けれど、この日の写真に写った私は、けっこう本当の私です。
Photo : SHIGEO GOMI